2017年10月の記事一覧

ラングラー ビンテージ

ラングラー ビンテージラングラー ビンテージのサイズは表示サイズより大きめに作ってあるのが特徴。縮み分大きく作ってますので各自のジャストサイズを選んで購入しましょう。黒タグ表記(made in U.S.A)のアメリカ製は、裏地(両ボタン部分)一部セルヴィッチを使用。今ではなかなか見掛けない相当古いレア物のヴィンテージです。多少ダメージはありこれがとてもいいジーンズの味を出しています。ヴィンテージ特有の色合いも…

ラングラー(Wrangler)の歴史

ラングラー(Wrangler)の歴史ラングラーの歴史は、1904年にチャールズ・C・ハドソンによって設立されたハドソン・オーバーオール社から始まり、1919年に自社工場を設けた時に社名をブルーベル・オーバーオール社に変更しました。1926年にはビッグベン社、1936年にはグローブス・スペーリア社と合併。1943年にラングラー(Wrangler)の商標を持つケーシー・ジョーンズ社を買収する。吸収合併により規模を拡大していったブルーベ…

ラングラー(Wrangler)の特徴

ラングラー(Wrangler)の特徴ラングラー(Wrangler)はカウボーイやロデオライダーが乗馬しやすくするため、改良・開発された乗馬用ジーンズです。鞍(サドル)に傷をつけないように、リベットの突起をなくし、サドルに座った状態で楽なように股上を深くしてあるのがラングラー(Wrangler)の大きな特徴です。またウエスタン独特の大きなバックルが装着しやすいように、ジーンズの前面のベルトループの幅が広くなっている。「13…

ラングラー(Wrangler)のジーンズ

ラングラー(Wrangler)のジーンズラングラー(Wrangler)のジーンズは、1947年にブルー・ベル社からジーンズブランドとしてデビューしました。ブルー・ベル社はラングラー(Wrangler)の母体ですが、この会社にはワークウェアメーカーとしての歴史があります。ラングラー(Wrangler)の最初のモデルは、フロントがボタンフライ仕様の11MWで、翌年にはジッパー仕様の11MWZが発表されています。現在ではこの復刻版のジーンズが発表されて…

ラングラー(Wrangler)について

ラングラー(Wrangler)についてラングラー(Wrangler)のジーンズは、カウボーイやロデオボーイといった人用に作られたアメリカのジーンズブランドです。イメージキャラクターもアメリカをイメージするヒーローである「カウボーイ」を使っています。ラングラー(Wrangler)のジーンズは1947年に誕生しました。ラングラー(Wrangler)のジーンズは、乗馬するのに適したデザインが施されています。ゆったりと深い股上や、ベルトループの幅…

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。