ラングラー(Wrangler)の特徴

ラングラー(Wrangler)の特徴


ラングラー(Wrangler)はカウボーイやロデオライダーが乗馬しやすくするため、改良・開発された乗馬用ジーンズです。


鞍(サドル)に傷をつけないように、リベットの突起をなくし、サドルに座った状態で楽なように股上を深くしてあるのがラングラー(Wrangler)の大きな特徴です。


またウエスタン独特の大きなバックルが装着しやすいように、ジーンズの前面のベルトループの幅が広くなっている。


「13MWZ」やファッション性を重視したスリムタイプの「936」などがある。


ちなみに日本の量販店で販売されているラングラージーンズは日本のエドウインが生産しているもので、ラングラーのコンセプトを日本の技術力で昇華した逸品であり、アメリカ製の「13MWZ」などとは別物である。




Copyright (c) ラングラージーンズラングラーシャツ. All rights reserved.


ラングラージーンズ|ラングラーシャツサイトTOPへ

トップ > ラングラー(Wrangler)の特徴 > ラングラー(Wrangler)の特徴

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。