ラングラー(Wrangler)の歴史

ラングラー(Wrangler)の歴史


ラングラーの歴史は、1904年にチャールズ・C・ハドソンによって設立されたハドソン・オーバーオール社から始まり、1919年に自社工場を設けた時に社名をブルーベル・オーバーオール社に変更しました。


1926年にはビッグベン社、1936年にはグローブス・スペーリア社と合併。


1943年にラングラー(Wrangler)の商標を持つケーシー・ジョーンズ社を買収する。


吸収合併により規模を拡大していったブルーベル社は「ラングラー(Wrangler)」をデビューさせました。


1946年より社員投票によって決まったブランド名である「ラングラー(Wrangler)」のジーンズ開発が始まりました。


ラングラー(Wrangler)って社員投票で決まった名前だったんですね。


それから、ロデオ・ベンはジム・ショルダーやフレックル・ブラウンら当時のロデオ・チャンピオンたちに意見を聞き、1948年に11MWの改良モデルとして発表したのがロデオやカウボーイたちに不可欠な機能性もしっかりと確保された11MWZである。


このラングラー(Wrangler)のジーンズが前年の11MWと決定的に違っていたのは、フロントがジッパーフライだったこと。


ボタンフロントの隙間に牛の角が引っかかるので危険だという理由からの変更でした。


また、レザーラベルも鞍の革とすれて癒着するという理由で塩化ビニールに素材が変更されています。


1960年代終盤には、14と3/4オンスのデニムは、綾目が交互に走るという特殊な方法で織布され、シームにネジレが生じないという特性をもっているサンフォライズド加工を施したブロークンデニムが採用されます。


1960年にはラングラー(Wrangler)は全米のプロロデオ協会をサポートする契約を締結。


しかし、ラングラー(Wrangler)の動きはカウボーイ専門だけにとどまらない。

ラングラー(Wrangler)・アメリカと名づけられたフィットを追求したジーンズやアウトドアをターゲットにしたジーンズも作り出されるようになりました。

このようにラングラー(Wrangler)は、ファッション性と機能性の現代のジーンズにとっても欠かすことができないこのふたつの要素をジーンズの世界に導入した世界初のジーンズブランドなのです。




Copyright (c) ラングラージーンズラングラーシャツ. All rights reserved.


ラングラージーンズ|ラングラーシャツサイトTOPへ

トップ > ラングラー(Wrangler)の歴史 > ラングラー(Wrangler)の歴史

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。